« 小望月の夜に | トップページ | 平清盛ゆかりの地 »

夏の風物詩

P72600021

お墓参りもすませ、瀬戸内海が見たかったので姫路から新快速に乗車して京都へ

P7260013

二条から五条まで鴨川に沿ってみそそぎ川に設けられた鴨川納涼床は

京都の夏の風物詩♪

P7260026

P7260036

川べりの席で川の流れと川風に涼みながら

P7260059

五山の送り火ならぬ、灯りを写したのは鱧の椀物

P7260057

可愛いお運びさんの京都の言葉も耳に心地良く

時折聞こえてくるのは対岸のビヤホールの生演奏♪

薄闇となる頃お隣の席に来たのは。。。。。

P7260107

どこからともなく現れて、お行儀よく私たちを観察して、ふっといなくなりました(笑)

P7260110

京料理美味しく頂き、

P7260128



そぞろ歩く先斗町から眺めるのは上弦の月

P72601521_2

P7260166


明日も暑くなりそうです。












|

« 小望月の夜に | トップページ | 平清盛ゆかりの地 »

京都」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/528035/46580528

この記事へのトラックバック一覧です: 夏の風物詩:

« 小望月の夜に | トップページ | 平清盛ゆかりの地 »