« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »

2012年2月

閏日

朝から大雪となった今日2月29日は閏日。

雪の降った日に行きたいと思っていた近所のお寺さんへ

P1020344

P1020382

想像していた以上の

P1020488

雪景色

P1020470

寒さも忘れ夢中になります♪

P1020549

P1020559

P1020580

P10203621_2

P1020617

P1020655

花子さんの店先には可愛い子がいました♪

P1020701

雪の日は楽しみもありますが、

明日にかけて路面の凍結によるスリップや転倒に要注意です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

讃岐かがり手まり・桃

P1010655

「やさしい菊かがり」「やさしい星かがり」は半球づつかがってゆきましたが、

先日教えて頂いた「桃」は南半球側、北半球側を一段づつ、かがってゆくと

ぷっくりとした丸みのある桃の花びらが完成します。

スタートは少々手間取りましたが、荒木先生、明石先生お二人が優しく丁寧に

教えてくださるので、2段目以降はスムーズに♪

まだ綺麗にはかがれませんが、雛祭りに間に合うようにもう一つ作りました。

P1010461

P1010456

P1010421

来月は「桜」なので楽しみ♪

色とりどりな桜を作って開花を待ちたいです。

お楽しみがもうひとつ♪

3月7日(水)~13日(火)伊勢丹新宿店 本館5階で

「讃岐かがり手まり 春を彩る手まり展」が開催されます。

春色のやさしい手まりに合えます♪

| | コメント (4) | トラックバック (0)

四半世紀

P1010276

友人に誘われ自由が丘の駅側にある鰻屋さんでランチ♪

美味しかったのに、美味しそうに撮れなかったのでアップできず・・・・残念!

四半世紀、25年前に知り合った当時の二人も写った集合写真を持って来て

くれたのですが、懐かしさと共にその年月に驚くばかり。

P1010286

駅前広場整備工事が完了してから9カ月

ガード下に展示されているのは懐かしい駅前の写真

四半世紀どころか半世紀以上前

P1010292

子供の頃の週末のお楽しみは東急ビルの中華料理♪

P1010293

お互いに思い入れのある街

P1010289

自由が丘の昼下がり♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

富士山の日なので

Epson002

2月23日は「富士山の日」

以前撮った富士山の写真のファイルをチェックしていたら

ダイヤモンド富士を発見!

スキャンがイマイチですが2月23日なのでアップします。

ご近所ポイントでのダイヤモンド富士撮影はビミョウかも・・・

書類上の結婚記念日が2月23日と、ん十年経った先日知りました。

「富士山の日」でちょっと嬉しい♪

| | コメント (2) | トラックバック (0)

讃岐かがり手まり・星

一月の講座で教えて頂いたのは「やさしい星かがり」

P1010023

先月実際に拝見した春の小花のような優しい色合いの大好きな手まりの

ポストカードと♪

教室のテーブルのディスプレイも楽しみ♪

P1000111

P1000147

P1000151

P1000139

土台まり、かがる糸の色、配置でまるで違った印象になるのも魅力♪

P1000189

教室からの眺めも抜群

P1000161

2月1日から3日まで開催されたクラフト見本市2012に出展されていたので

伺いました。

「誠実な作り手と、見る眼のある結び手(売る人)と、

暮らしを大切にする使い手が出合う場です」

会場となったのは一度足を運んでみたかった、帝国ホテルの設計でも有名な

フランク・ロイド・ライトの設計により1922年に竣工された自由学園明日館。

P1000434

ホールの窓から差し込む光が美しい

P1000444

P1000446

P1000461

P1000468

あこがれの井藤昌志氏のシェーカーボックスや陶器、ガラス、織り物、木工製品、など

見るだけでもわくわくする、手元に置きたくなる良質な暮らしの日用品

P1000459

P1000450

どれも手元に置きたくなる春色の手まり

P1000430

オールドローズのようなバラの手まり

P1000413

好みの色合いなので連れて帰りたくなるのを・・・ぐっと我慢

実物をたくさん拝見出来ただけで嬉しい♪

P1000418

P1000472_2

池袋の喧騒とは無縁で静かな明日館で、結婚式やイベントのない時には

焼き菓子付きでコーヒー、紅茶が頂けるとのこと。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

8日後

近所の富士山ポイントでダイヤモンド富士を見ることが出来そうなは26、27日

今日は富士山も夕日も望めそうだったので5時前にスタンバイして、

どのあたりに日が沈むかチェックして来ました。

両日晴れるといいなぁ~♪

P10101141

それにしても風の冷たいこと。。。

それでも春は確実に近づいていますね♪

P10100411

| | コメント (2) | トラックバック (0)

お雛さま♪

Epson007_2

こころのボーイフレンドのカイちゃんのママから届いた可愛いポストカード♡

お知り合いのAKIKO ARAIさんに描いて頂いたカイちゃんとこころの

雛祭りバージョンの絵♪ポストカードも作って頂いたとのこと。

照れてるカイちゃんと得意げなこころの雰囲気もそっくり!

とても素敵な作品に感激♪

衣装の模様も凝ってます。

そろそろお雛様も出して、ポストカードをメインに飾りましょ♪♪♪

| | コメント (2) | トラックバック (0)

リメイクボックス♪

P1000898

二宮で買ったOZマガジンに掲載されていた「BOX & NEEDLE」の人気WS

「タイミング良く申し込めました~♪」との嬉しいご連絡。

二子玉川にある「BOX & NEEDLE 」は京都の老舗紙箱屋さんが作った

初めてのオリジナルショップで、世界中から集めた紙で作られたカラフルで

遊び心のある可愛い箱を中心とした紙もの雑貨が販売されています。

店内で、可愛い~♪ほし~い♪連発です(笑)

今回参加したのはリメイクボックスのWS♪

ショップ2階の明るいアトリエで、持参した箱2個を好みの柄の紙に着替えて

特別な箱に変身させるというもの。

悩んだ末に選んだのは今年ならではのロンドンの地図と

京都の工房で刷られたシックな色合いの数字がデザインされたオリジナルペーパー。

向こう側に並んでいる琥珀色のものは接着剤の自然素材「にかわ」

小鍋で温めてとろとろにして使いました。

P10008781

浅い箱はちょっとした工夫でパネルボックスとして壁に飾れます。

P1000987

家にある紙箱を全部変身させたくなります。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

鴨+白鳥2012

東京駅2番ホーム。。。ハラハラドキドキ。。。ギリギリセーフ!

刺激的なスタートだった一年一度のお楽しみ鴨+白鳥ツアー

白鳥達、今年も冬の田に来ていました♪

P10006901

畔道を近づいて行くとゆるゆると移動して行く白鳥達

P10005691

P10005991

飛んでいる姿(お食事中でほとんど飛んではくれず。。。)撮りたいけれど

ファインダーの中に捉えるのはなかなか大変!

P10005602

P10006711

P1000646

「才兵衛」さんの離れで鴨料理の女子会♪

至福のひととき♪

Photo

P1000715

お二人のようにアルコール消毒?できないのはほんと残念ですが(笑)

〆のお蕎麦もしっかり頂き満腹大満足♪

気がかり少々ありつつも来年も楽しみにしてま~す!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

房総撮影ツアー(東京ドイツ村)

P10005021

雨が小休止したドイツ村

シャボン玉の演出が楽しい♪

P10005111

16時にイルミネーションが点灯される頃また雨が降り出したが、

雨の日ならではの光景♪

Dsc06238

今年のテーマは「スマイル オブ ホープ」

目に鮮やかに映る光の魅力だけでなく”心の中まで明るく照らし出す”

をイルミネーションの本質と考え2006年からスタートしたドイツ村のイルミネーション♪

Dsc06387

想像以上の規模

Dsc06413

美しいメルヘンの世界が広がって

Dsc06397

Dsc06418

雨もあがり

Dsc06435

Dsc06441

寒さを忘れる光の世界♪

Dsc06445

 

Dsc06469

Dsc06529

Dsc06570_2

平日で雨も降っていたせいで人が少なかった美しい光のメルヘンの世界

もっと遊んでいたかった~♪

| | コメント (2) | トラックバック (0)

房総撮影ツアー(南房パラダイス)

Dsc06082

クラブツーリズムのツアーは大井川鉄道以来の参加

館山の温暖な風にゆれる色鮮やかなポピー♪

は、全然期待できない空模様。。。。。

川合先生が目的地を変更して連れて行って下さったのは

温室が11棟もある「南房パラダイス」

Dsc06102

雨降りの平日は来場者も少なく

撮影がしやすかったので、徐々にテンションアップ!

Dsc06150

Dsc06167

Dsc06186

Dsc06189

Dsc06207

鮮やかな美しいブルーの羽をもつ鸚鵡のてんちゃん

私の肩に乗ってほっぺにキスしてくれました♪

感触はヒンヤリ~

P10004791

夢中で撮影していたら、蝶の温室にたどり着けずタイムアップ

なので看板撮っときました(笑)

P1000497

| | コメント (0) | トラックバック (0)

愛すチューリップ♪

Dsc059081

バレンタインなイメージで愛すチューリップ♪

なんちって(笑)

昨年は一月中旬に訪れた江の島サムエル・コッキング苑

今年はアイスチューリップの見頃が遅れているというので出かけたのは今月2日

Dsc057581

Dsc057841

Dsc05789

ロンカフェでフレンチトースト、遅めのランチはしらす丼のフルコース♪

P1000380

P10003881

| | コメント (2) | トラックバック (0)

CP+

P1000817

今年のCP+は11日だけ行ってきました。

P1000812

ニコンイメージングステージでの中井先生の

「Dream Train 最大片道切符の旅 Nikon1と旅した7000km」

楽しいトークとオオゼキタクさんの曲にのせての感動のスライドショー♪

衝撃の映像はピンクのJ1+500mm(笑)

憧れの旅、私の夢です♪

三菱電機ブースで長根先生の渾身のパワーポイントの大作(?)を拝見♪

講演後の先生らしいお茶目な表情をゲット(笑)

P1000826

風景の中の小さな単行が大好き!

P1000824

パナのブースでは気になるレンズを自分のカメラで試し撮り

う~ん ほしくなります~

P1000839_2

P1000832

おじさま達の隙間からきれいなお姉さんも撮ってみました。

P1000853

あまりの混雑に「蛍のひかり」が流れる前に会場をあとに。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

京都寄り道道草ロケ地巡り⑤

Dsc05072

29日と同じルートで上賀茂橋へ

鴨川べりに座って川の流れを聞いてみたり

Dsc05083

川べりを歩いてみたり

Dsc05172

Dsc05216

Dsc05192

Dsc05209

一年前から川べりに住んでいるけれど、水の深さや堰があることでこんな風に

水の流れる音が聞こえるのだとあらためて気付いた。

バス&地下鉄で今出川駅で下車

蛤御門前にある護王神社へ

マコトが絵馬を眺めていた神社

♪くだらない今日だああって、明日だっていいいもんだ~

Dsc05270

烏丸丸太町駅から烏丸御池駅で乗り換え東山駅で下車して向かうのは

仁王門通りにある西村青果店

昔ながらの町の八百屋さん

Dsc05311

韓国からも訪ねて来てくれた人がいたと嬉しそうにお話して下さった柔和なお顔の

おばあちゃまはオトメの風呂屋さんのシーン にも登場なさってましたね♪

京野菜の小さなえびいも「こえびちゃん」を買い、八百屋さんのシーンが好きと言った

友人へのお土産にしました。翌日うす味で炊いたら甘みがあって美味しかった~♪

マコトの清く正しい大人の晩ご飯は

蛤の酒蒸し、あわふと竹の子の白和え、かき揚げ、そして瓶ビール

Dsc05315

仁王門通りから白川沿いへ

マコトもセツコもタカコもハツミも気持ちよさそうに散歩していましたね。おっとポプラも♪

街中にこんなにもきれいな水の川があるってなんて素敵な事でしょう♪

Dsc05337

Dsc05344

Dsc05381_2

Dsc05392

Dsc05407

東山駅から京都駅にもどり、初めて京都タワーに上ると

ポスターが撮影された東寺も良く見えました。

Dsc05474

P1000322

2時の新幹線で帰路に

Dsc05478

シンプルに気負うことなくゆったりとして日々の営みが心地よい

ありそうでなさそうな、もしかしたらありそうな、あってほしいそんな

マザーウォーターの世界♪

その空気感を少しでも感じたいといつもと違った目線で巡った京都♪

充実した思い出深い3日間になりました。季節を変えてまた巡りたい♪

井上久喜子さん、小きみのおかみさん、日の出湯と西村青果店のおばあちゃん

素敵なマザーに出会えたことで

四角くなりかけていた心が丸みをすこしとり戻せた気がしています。

マコトが言っていた「今日もキゲンよくやんなさいよ」

毎日キゲンよくありたい。

Dsc04998

| | コメント (2) | トラックバック (0)

京都寄り道道草ロケ地巡り④

一休さんや千利休に縁深い大徳寺

竹と苔が美しく清々しい塔頭高桐院の参道

Photo_5

好物の大徳寺納豆と味噌風味も加わったカステラ風の焼き菓子「紫野松風」

北大路通りの松屋藤兵衛を素通りできません。

鞍馬口へ向かって歩く途中で立ち寄った妙蓮寺ではお会式桜が寒空の中

健気に咲いていました。この桜の散った花びらを持ち帰ると「恋が成就」すると

言われているのだとか・・・・

本堂の大改修をしていたのは、飛鳥時代に設立された日本最古の企業「金剛組」

創業千四百年余り!記念撮影しときました。

Photo_6

鞍馬口駅近くにある喫茶 Prangipani (フランジパニ)はセツコのウィスキーだけを出すバー

映画ではいい感じの小さな庭だったところは駐車場

Dsc04945

店内の奥には一段上がった畳の間があり、広々した居心地の良い町屋カフェでした。

Photo_7

ケークサレもチーズケーキも美味しく京都らしい付け合わせの菜の花やレンコン

金柑の甘露煮が味のアクセントに♪

Photo_8

地下鉄で京都駅へ

いったんホテルに戻ってから出かけたのは・・・・・

八条口から徒歩12分程のところにある80年以上の歴史を持つ銭湯日の出湯

Dsc050041

ジンが働いていたオトメの銭湯でしたね。

昭和3年に建ったという存在感のあるレトロな銭湯は

路地を少し入ったところにあり、のれんをくぐると「おいでやす~」

広~~い脱衣場、高~~い格天井

脱衣籠ごと入れられるガラス扉の木製ロッカー

ゴトゴトと年代を感じさせるマッサージチェアにはおばあちゃんが座っています。

昔のパーマ屋さんにあったようなドライヤー

奥には連なった赤ちゃん用の木製寝台

マザーウォーターのポスターも貼ってありました。

広い浴槽にゆったり体を伸ばすと気持ち良くて、一日歩きまわった疲れもとれます♪

隣の小さな深めの浴槽に入っていた方にお話伺うと、そちらは電気風呂とのこと

うながされて手をつけてみると・・・・

あららららら~ピリピリ~~

意を決して浸かってみることに・・・・

おおおおおお!!!!!驚きの初めての感覚。一度お試しを(笑)

脱衣場にどなたもいなかったので、おかみさんにおことわりして

「あすもあります」撮らせて頂きました。

Photo_9

体ポカポカのままホテルに帰って冷やしておいた吉野豆腐を夜食に頂き

翌日の予定をチェックして就寝zzz

| | コメント (2) | トラックバック (0)

京都寄り道道草ロケ地巡り③

早めにすっきり目覚めた2日目の朝。バスで北野天満宮へ

「天神さん」と親しまれ学問の神様だけに境内には学生さんのグループが。

Photo

桜橋を渡って平野神社へ

満開の桜に酔いしれた3年前の3月

今回は真冬に凛として咲く寒桜に出合えました。

上賀茂神社の丸めたおみくじをハムッとくわえた木の馬みくじは夫に♪

平野神社のりすみくじはは自分に♪

Photo_2

再び桜橋を渡り京都で一番古い花街の上七軒へ

この界隈は歌舞練場に向かう舞・芸妓さんを見かけたり、機の音が聞こえたり

京都らしさを感じることができます。

Dsc04449 Dsc04471 Dsc04509

機の音が聞こえるろーじで、横をすぅ~と通り過ぎた元芸妓さんらしき年配の方。

その方の行き先も、私がランチを予定していた元芸妓だったおかみさんのお店

「小きみ」で、入り口で小きみのおかみさんとその方と私とで、ちょっとした会話が

あって店内へ♪常連さんの帯問屋のご夫婦も来店され、京都のことばが心地よい

店内で次から次へと出てくるおばんざいのとてもお得なお昼の定食を頂きました。

身も心もほっこり♪

Photo_3

千本釈迦堂→千本通り→五辻通り→浄福寺通り→寺之内通りの「ととや」で

ちりめん山椒を買い、大徳寺へ向かう途中にある一度行きたいと思っていた

カフェさらさ西陣は元銭湯の面影が残る独特な雰囲気

Photo_4

あざやかなタイルが印象的

Photo_5

大徳寺の脇を北に進んで行くと右手に小川大徳寺京豆腐があります。

ハツミのお豆腐屋さんでしたね♪

マコト気分で店の前でお豆腐を食べる・・・・・勇気はなく・・・

吉野豆腐を買ってホテルで頂きましたが、これがまぁ~独特の食感と大豆の風味

たっぷりで美味しいこと♪

Dsc04703

Photo_3

ここまで来たら今宮神社に行かないわけにはいきません!

小餅にきな粉をつけて焼き白味噌だれをかけたあぶり餅~♪

これを食べないで帰れません!

Photo_2

三人前ぐらいペロリですが、一人前で我慢して

さぁ まだ歩きます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

京都寄り道道草ロケ地巡り②

白川通りに出て、つい乗ってしまった(?)タクシーで仁王門通りで下車して

知恩院前から白川沿いに通称行者橋の横を通って新門前通りの尾張屋さんへ

かおり丸の可愛らしさがたまりません。

Photo_7

三条京阪駅から地下鉄で東西線に乗車して二条城前で下車して向かった

ギャラリー モーネンスコンピスは二条城の近くの工場の中にあるビルの

3階にありました。

Dsc040181

Dsc04022

29日まで開催されていた「たのしい切り紙」

Dsc040382

Dsc04046_edited1

Dsc04030

Dsc04048

壁一面に貼られた富士山、魚、深海魚そして可愛らしいソックスは

包装紙や広告、日用品のパッケージのどこかに見覚えのある紙が

井上由季子さんの79歳のお父様と80歳のお義母様のダイナミックな目線で

モチーフが切り取られた作品です。

Dsc04050

作品の数に驚き、素晴らしさに感動!

Dsc04056

Dsc04037

お二人への井上さんの娘、嫁としての優しいお気持ちがお話から伝わってきました。

そして、その作品のように明るく温かい気持ちにさせてくださる

生き生きとしたお義母様とも楽しくお話させていただきました。

東京でまた作品を拝見できることが楽しみです。

去りがたい会場を後に向かったのは、井上さん&モーネのスタッフおススメのカフェ♪

かなりインパクトのある盛り付けのカレーはとっても美味でした~

P1000246

P10002601

地下鉄で京都駅へ

ジェイアール京都伊勢丹でお土産をチェックしつつ生茶ゼリーを買ってホテルへ

P10002811

2日目の予定を確認して早めに就寝zzz

| | コメント (4) | トラックバック (0)

京都寄り道道草ロケ地巡り①

P10002011

新横浜6時発のひかりの14号車小田原まで貸し切り状態♪

一日中歩きまわる事になるので車内で心おきなくストレッチ(笑)

雪がちらつく京都駅に降り立ったのが8時01分

便利な京都観光2日券を利用して地下鉄&バスでまずは上賀茂神社へ

Dsc035211

確実に食べたい神馬堂のやきもちをゲットしてひと安心♪

Photo

Dsc03591

Dsc03564

神馬にも会えたので、人参を捧げました。

広い境内には川も流る上賀茂神社の清々しい朝の空気の中お参り♪

バスで出町柳へ

ここにも亀石があります。

Dsc03617

出町柳駅から叡山電車に乗って一乗寺駅へ

Photo_2

駅から5分のところにマコトとハツミがポプラを真ん中に、たまごのサンドウィッチを

食べた玉岡児童公園があります。小さな明るい公園でした♪

近くの集合住宅がタカコやマコトの家と、お散歩の方が教えて下さいました。

Photo_3

すぐ近くには、独自の視点でセレクトされた本や雑貨が並ぶ、いくら時間があっても

足りないと思える恵文社があります。

Photo_4

早めのランチはとても好感がもてたカフェつばめ♪

日替わり定食のお味噌風味のポトフはやさしいお味。温まりました~

P1000209 P1000221

北大路通りに向かう途中にあるのはアンティーク家具の葡萄ハウス家具工房。

工房の表でヤマノハがテーブルを直していました。

Dsc03757

Dsc03764

閑静な住宅街の中をさらさらと流れる北白川疎水沿いには銀月アパートメント

ヴォーリーズ建築の駒井邸があり、桜並木の遊歩道が続いています。

Dsc03800 Dsc03822

満開の桜を想い浮かべながら歩いていくと・・・・・

マコトとハツミがやきもちを食べていたベンチが・・・・

かなり久しぶりに食べたやきもち♪

あ~美味し~い!  

ククサでお茶飲みたかったなぁ~

Photo_6

さらに南へ行くと右手にタカコのカフェ「shizuku」

Dsc03926

窓の席が空いていたのでそこに座ってちょっとハツミな気分で(確実にマコトですが)

落ち着いた光の入り込む店内で地元の方の会話に耳を澄ませたりして

柚子ジャムのシフォンケーキと紅茶を頂きました。

Shizuku

| | コメント (8) | トラックバック (0)

恵方巻き?

P10002691

鉄分な節分の恵方巻きを発見!

これは京都の地下鉄のポスター♪

どなたのアイデアかは存じませんが、とってもツボでした♪

Dsc04552

友人がプレゼントしてくれたのは、映画館では観そびれた「マザーウォーター」のDVD♪

観終わった・・・いえいえ観てる最中から「そうだ京都行こう!」のスイッチが即行ON!

29日から2泊3日のロケ地巡りプラスアルファ真冬の京都上ル下ル

てくてく トコトコ一人旅して来ました。

「マザーウォーター」を観てない方には「なんのこっちゃ?」ですが・・・

写真の整理次第アップしたいと思いますので、よろしかったらお付き合い下さいませ♪

| | コメント (8) | トラックバック (0)

« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »