« 上総・初夏 | トップページ | 蓮 »

上越線

Dsc004512

この春復活したばかりのSL C61-20をメインにした上越線のWSに参加しました。

流石にC61は迫力がありました!

日本唯一のブリッジ・バンジージャンプが体験できる諏訪峡大橋から、

ずっと撮りたかった風景に溶け込むように行く列車

Dsc004092

塩沢と越後湯沢の間

菖蒲が咲き始めていました。

Dsc004961

子守唄は列車の音だったのね♪

カエル目線で

Dsc005052

谷川岳を源に信濃川に注ぐ清流 魚野川

列車は霧にかすんでいました。

Dsc005692

石積みの橋脚が歴史を感じさせる毛渡沢橋梁

Dsc006351

日本一のモグラ駅・土合駅は谷川岳登山の玄関口

Dsc006671

地上の改札口を抜け、連絡通路を行くと462段の階段トンネル。

階段には数字が書かれていて、今何段目にいるかわかるようになっています。

Dsc007231

どこか違う時空へ行けそうです。

Dsc007371

徐々に息苦しさを感じ、閉所恐怖症だというのを思い出したのですが、

目の前に現れた地下82mの下りホームはそんなことを忘れさせてくれる

インパクトがありました。でも一人で来る勇気は全然ありません!

猫バスが現れたのかと思うように列車が到着

Dsc008101

国境の長いトンネルを抜けて土樽駅まで行き

湯檜曽ループ線を通って湯檜曽まで戻る、ちょこっと乗り鉄も体験

Dsc009111

盛り沢山な上越国境の鉄道風景を楽しみました。

|

« 上総・初夏 | トップページ | 蓮 »

鉄分」カテゴリの記事

コメント

撮り鉄も乗り鉄も体験できる贅沢なレッスンですね♪
SLは皆同じに見えますが・・違うんですね。 やっぱり黒煙、カッチョいいです!
音まで聞こえてきそうですね。

↓も懐かしく拝見しました♪ 昨年の暑さを思い出します。
今年も暑くなりそう。。。お体ご自愛くださいね。

投稿: pianissimo | 2011年7月 6日 (水) 17時18分

 こんな素敵な場所に行ったら、もちろん写真を撮らなくてはいけませんが、それを忘れて見入ってしまいそうな気もします。 
 どうして、462段の階段の下に、こんなホームがあるのか、不思議です。 今度お目にかかった時にどうぞご説明くださいね。 
 蓮、そろそろ咲いてるでしょうか。 近場のそちらも気になります。 

投稿: Amy | 2011年7月 6日 (水) 22時07分

☆pianissimoさま

先生が2度も下見をなさってバラエティー豊かな計画にして下さったんです。
SLはあえて広角で撮ったので、連写のタイミングも勉強になりました。

私も去年を思い出しながら、青田越しの川間駅を眺めましたよ♪
本当に暑かったですよね~~~~~
一年があっという間で、それにも驚いてしまいます。

pianissimoさんもお体大切に!

投稿: duften | 2011年7月 7日 (木) 08時46分

Amyさま

モグラ駅に潜って、翌々日に若干の筋肉痛が・・・(笑)
谷川岳登山の人はこの階段をウォーミングアップにするんですって。ふぅ~
トンネル駅はお肌にも嬉しいしっとりかげんでした♪

今週末にお墓参り&蓮撮影をと考えてます♪
どっちがメインだか(笑)

投稿: duften | 2011年7月 7日 (木) 08時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/528035/40698860

この記事へのトラックバック一覧です: 上越線:

« 上総・初夏 | トップページ | 蓮 »