« 停車場にて | トップページ | 上総の春 »

桜色いろ

Dsc003381

筍ごはんのおむすび持ってご近所花見散歩♪

Dsc00463

鼻に花びら付いてますけど(笑)

Dsc00345_2

あたたかな昼下がり

Dsc00490

帰ってからのおやつは桜の花形の「い鉄揚げ」

いすみ鉄道オリジナルのぬれせんべい♪

香ばしく揚げてあります。

銚子電鉄のぬれせんべい同様に、この「い鉄揚げ」も美味しい!

♪やめらえない とまらない~

Dsc00592

こんなのを編んでみました。

Dsc00313

桜いろいろ♪

|

« 停車場にて | トップページ | 上総の春 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

 可愛い~。 こころちゃんの花も。 今日らんの花にも花弁くっついてました。
携帯では撮影無理でした。 

 手作り桜も可愛いですね~。 こんなのが編めたら楽しいですねcherryblossom

投稿: Amy | 2010年4月 7日 (水) 10時53分

ひゃんッ!!かわいいッ!!
手芸のできる女の子って、憧れ&尊敬しちゃいます☆

投稿: asuka | 2010年4月 7日 (水) 15時18分

きゃー可愛い〜可愛い〜
これはなあに?ネックレス?ラリエット?もしかしてまさか老眼鏡の・・(笑)ではなさそう。。。


lovelyいいね、いいねlovely

投稿: jasmine | 2010年4月 7日 (水) 19時16分

cherryblossomAmyさま

笑っちゃう程くっつけてるのにご本人は
「???」って表情するのがかわいいですよね♪
左手の指先が少々痛くなりますが、
編むのは簡単ですよ♪
ビーズを順番まちがえずに通しておくのが大変です。

投稿: duften | 2010年4月 7日 (水) 20時05分

cherryblossomasukaさま

左手の指先が痛くなりますが、編み方はむずかしくないですよ♪
最近は見かけなくなりましたが、以前は電車内でレース編みとか
している人がいたなぁ~なんて思い出しました。
今はお手元眼鏡が必須の昔々の女の子です(笑)

投稿: duften | 2010年4月 7日 (水) 20時11分

cherryblossomjasmineさま

jasmineさん好みでした~?
カーディガンの縁飾りとピアスのセットで本に載ってたんです。
可愛かったので編んだけれど・・・どうしましょう?
期間限定のグラスコードにしても良いかしらん♪

投稿: duften | 2010年4月 7日 (水) 20時21分

duftenさん、こんばんは。
桜の花びらの絨毯、綺麗ですね。
それに、可愛らしいお嬢さん?でしたっけ??
花が、散るのは寂しいけど、此の花吹雪が
また綺麗なんですよね。
ビーズの編み物も素敵ですね。
女性って、凄いよな。料理は出来るし、
編み物は出来る。尊敬致します。

私は、昨日仕事が速く終わったので
大倉山公園に行って来ました。
沢山、わんチャンが来て居ましたよ。

投稿: 旅電者 | 2010年4月 7日 (水) 22時08分

cherryblossom旅電者さま

先程旅電者さんのブログを拝見して驚きました!
私も娘(?)を連れて、花吹雪も見たかったのでお昼過ぎから
3時頃まで久しぶりに大倉山公園周辺で撮影していたのです。
もしかして坂ですれ違っていたのかも・・・
みなとみらい線と桜を撮りそびれました。

料理に関しては最近はすっかりワンパターンです(笑)

投稿: duften | 2010年4月 7日 (水) 23時11分

duftenさん、いつも色々な場所におでかけ。
ブログ楽しく拝見させていただいています。

桜のお写真、どのお写真も素敵でウットリです〜♫

お写真素敵なのは、いつもですが・・・・・・・・・・
今回作られたビーズの桜も素敵ですね。
良いわぁ~♪

投稿: ハイジ | 2010年4月11日 (日) 14時34分

cherryblossomハイジさま

アクティブなハイジさんもいつもいろいろと
興味深い所におでかけですね♪
今度はどちらかしらとブログを拝見するのを楽しみにしています♪
箱根湿生花園にも久しぶりに行ってみたくなりました。
ビーズの桜可愛かったので編んだのですが、
何にしたら良いかしらん?

投稿: duften | 2010年4月11日 (日) 22時58分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/528035/34116107

この記事へのトラックバック一覧です: 桜色いろ:

« 停車場にて | トップページ | 上総の春 »